かけっこ 足が速くなる正しい走り方⑤〜腕振り〜

陸上

こんばんは😊コーチの羽實です!

僕は腕振りについて書こうと思います。

皆さんは腕振りの役割や腕の振り方を気にしたことはまりますか??

腕振りの役割

僕が思う腕振りの役割は

・上半身と下半身のバランスを取ること

推進力を得ること

です!

腕振りは多種多様で、大きくブンブン振るような腕振りもあればコンパクトな腕振りもあります。

人によって様々な振り方がありますが、日本や世界のトップ選手を見ても上半身と下半身の動きのバランスが良い事と、腕振りでうまく推進力を得ている事は共通している思います!

腕振りのポイント

①脇を開かない(腕をに振る)

②タイミング

僕が腕振りで意識している事はこれだけです。

脇を開かない(腕を縦に振る)

正面もしくは後ろから見た時に脇が開いて横振りになっている人がたまにいます。

これは前に進みたいのに横に腕を振っていたら力が逃げてしまうため、脇は閉めて縦に腕を振るようにしましょう!

タイミング

これは力を入れるタイミングでもあり、シュッと鋭く腕を振るタイミングでもあります。

僕はこれを非常に重要視しています!

分かりやすい例えで言うと、握力を測る時に拳をグッと握って力を込めますよね?

その時拳はどこにありますか??

きっと腰(骨盤)の横にあるのではないでしょうか。

これは「ここで拳を握りなさいよ」と教えられるわけではなく、人間が本能的に1番力が入る場所でグッと拳を握っているだけです。

ここが、力を入れたり腕を鋭く振る場所です!

腰の横をちょうど通過する時に脚も前後が入れ替わります。

その時にグッと力を入れたり、腕振りを鋭くすると推進力が生まれます!

速く走るために足元ばかり意識しても中々うまくいきません。

是非、腕振りを改善しグングン進む走りを手に入れましょう🏃‍♂️


陸上スクールアースは小学生・中学生を対象に「心の成長」を第一に練習をしている陸上教室です。スクールでは

現役アスリートであるプロコーチ達

が指導し、科学的根拠に基づいた練習メニューを提供しています。

ユーモアにあふれたコーチ達と確かな練習メニューにより

楽しく夢中になりながら足を速くしてみませんか?

活動場所:時間

  • 岐阜スクール(岐阜メモリアルセンター、長良)月曜日・水曜日・金曜日 17:30~18:30
  • 大垣スクール(大垣北公園、JR大垣駅すぐ横)火曜日・木曜日 17:30~18:30
  • 桑名スクール(NTN総合運動公園、陽だまり)火曜日・木曜日 17:30~18:30

(アスリートクラス、中学生クラスは19:10まで)

下記URLから無料体験にお申し込みください!